読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東尾張乱射事件

【次回の記事予定】「お金」で「愛情」や「友情」が買える『脳内麻薬 ドーパミンの正体』を読んだ感想。

NUDE or Higashi

Owari Ranshajiken

ざわざわざわざわ

三島由紀夫を読んでみるPart4 “なにも望まないということは、取捨選択の権限を失うことだ”

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1970/02/20メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 202回この商品を含むブログ (86件) を見る 『音楽』三島由紀夫(著) ある精神分析医の一人称語り。 チックという顔面痙攣に悩む女…

“美しさに反感” (金閣放火の動機)が、今、そのまま伝わってくる。

ペルソナ―三島由紀夫伝 (文春文庫)作者: 猪瀬直樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1999/11メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 13回この商品を含むブログ (23件) を見る 『ペルソナ 三島由紀夫伝』猪瀬直樹(著) 原敬首相暗殺のシーンに始まり、ラストは市…

三島由紀夫を読んでみるPart3 美しいひとに出会うとまずプラトニックになるという欲望

禁色 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1964/05/04メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 33回この商品を含むブログ (59件) を見る 『禁色』三島由紀夫(著) 二行であらすじ 希にみる美しい容姿をした青年と出会った老作家は、その青…

三島由紀夫を読んでみるPart2 信じてみようという休憩 疑ってみるという仕事

永すぎた春 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1960/12/13メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 42回この商品を含むブログ (46件) を見る 『永すぎた春』三島由紀夫(著) 二行であらすじ 資産家の息子と古書店の娘とが織りなす婚約中…

三島由紀夫を読んでみるPart1 生身の筋肉なんて幻にすぎないんだ―説

『鏡子の家』三島由紀夫(著) 鏡子の家 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1964/10/07メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 19回この商品を含むブログ (25件) を見る ざっくりとしたあらすじ 社会に出たばかりの四人の青年と、鏡子と…

スポンサーリンク