読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東尾張乱射事件

【次回の記事予定】「お金」で「愛情」や「友情」が買える『脳内麻薬 ドーパミンの正体』を読んだ感想。

NUDE or Higashi

Owari Ranshajiken

ざわざわざわざわ

明日のことなんて、どっちでもいいんじゃない主義

グレート生活アドベンチャー (新潮文庫)

グレート生活アドベンチャー (新潮文庫)


『グレート生活アドベンチャー』前田司郎(著)
 ゲーム好きの無職(30)が、スーパーに勤める女子のアパートへ転がりこむという短編。

〈感想〉
 なにか「真心ブラザーズ」を彷彿させるタイトルから、異様に期待したけれど・・・・・・
 あらためて思うのは「不満がない」「そこそこ満足だ」といった主観の一人称小説というのは、どうやら小説に適していなさそうだ。もしくは、自己啓発本しかり、文字におこしてもいっこう二次元にとどまってしまうものなのかもしれない、と読んでいて感じた。その意味でいうと著者は、あえてそうした「無意味的な慣習」を胚胎せずには語れない現代生活にたいして、すこし弛緩した、んでも俺には素敵な文体がある、ゆえに「俺はそれで挑んだよ」といったところだろうか。もっとこうぉー、登場する女子が文化系のセックス臭のしない人物設定だったらよかったのになあ、などと、自分は妄想しつつあっけなく読了してしまった。
 それにつけても、タイトルは「どかーん」とカッコいいのに。

広告を非表示にする
スポンサーリンク