東尾張乱射事件

【次回の記事予定】「お金」で「愛情」や「友情」が買える『脳内麻薬 ドーパミンの正体』を読んだ感想。

NUDE or Higashi

Owari Ranshajiken

ざわざわざわざわ

『ザ・ロード』コーマック・マッカーシーを読んでみる

ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)

ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)

『ザ・ロード』コーマック・マッカーシー(著)黒原敏行(訳)

 買い物用のカートを押しすすむ親子。ひたすら南を目指す父と息子。荒廃した灰道に、民家はあるが主はおらず。その「誰もいない」という主観が、どうやら主観者たりえる、最後の人間なのかもしれないという視点で「桃の缶詰」まで語られる。

〈感想〉

 ちょうどゾンビ映画の「その後」を体感しているように読めた。ただこちらは、ゾンビではなく、ストレートな人間そのものを描いていた。他者のことなど一顧だにしない人たち。蜘蛛の巣の途中であとから来るものを足蹴にする人たち。見てみぬふりする態度をうまく正当化できてしまった人たち、がとりあえず、親子の行く手を阻むのに活劇していたりした。むろん父親はそれらを撃退はする、んが、もし仮にこのお父さんに守るべき息子がいなかったら? などと夢想すると――ぼくなら迷わず、南進ではなく北進するだろうと……

 やるべきことのリストなどなかった。今日一日があるだけで幸運だった。この一時間があるだけで。“あとで”という時間はなかった。今がその“あとで”だった。胸に押し当てたいほど美しいものはすべて苦悩に起源を持つ。それは悲しみと灰から生まれる。そうなんだ、と彼は眠っている少年にささやいた。パパにはお前がいる。




ちょっと驚いたこと!
〈市民という幻想〉

特集社説2010年11月26日(金)付 愛媛新聞
リコール不成立 真に民意が反映される制度に
 名古屋市の河村たかし市長の支援団体が市議会解散を求めた直接請求(リコール)署名を審査していた同市選挙管理委員会は、有効署名数が35万3791人分だったと発表した。法定数の36万5795人に届かなかったため、リコールは不成立となった。
 支援団体「ネットワーク河村市長」が集めた署名は46万人を超え、署名必要数を10万人以上も上回っていた。しかし、無効票も11万人余りに上った。4人に1人の署名が無効とされた計算だ。

〈感想〉
 民主主義が機能しないんじゃ、しょうがないのかもしれない。暴力装置ではない暴動や暴力や『ロード』に登場する「悪」や、市民の善意に対抗すべくジョーカーも……

広告を非表示にする
スポンサーリンク