読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東尾張乱射事件

【次回の記事予定】「お金」で「愛情」や「友情」が買える『脳内麻薬 ドーパミンの正体』を読んだ感想。

NUDE or Higashi

Owari Ranshajiken

ざわざわざわざわ

『行動観察科学』というけれど、酢が臭いのはわかっている。ネコが可愛いのもわかっている。

 講談社新書のカラフルな帯に惹かれて購入。顕在ニーズ(可視)と潜在ニーズ(不可視)という文句が、氷山のイラスト付きで表現されていていた。で、この氷山の見えない部分に「行動観察」科学が適用されるようなのである。

ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)

ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)

『ビジネスマンのための「行動観察」入門』松波晴人(著)

行動観察とは?

■行動観察には三つのステップがあり、順番に「観察」「分析」「改善」と呼ばれている。

 なにやらすべての事象に適応可能なしごく便利なステップ(表現)だと言えなくもない。

この手法がなぜ有効なのか、それは大きく2つの理由がある。
 その一つ目は「言語化されていないニーズやノウハウを抽出できる」ことである。人間はほとんどの行動を無意識に行なっている。だから自分自身の何気ない行動をすべて把握しているわけではない。

 二つ目は社会的に「こうあるべき」と思われている方向に回答が影響されがちである。

 第二章からはいよいよ「行動観察」の実践というわけで、

■ワーキングマザーの隠れた欲望

 この章を僕はいちばん興味深く読んだ。
 著者がワーキングマザーの日常(一日)に、つきっきりで、彼女たちを注意深く行動観察するというもの。
 マルチタスクをこなすワーキングマザー。家のこと、仕事のこと、子供のこと。

■家事に達成感なし
「褒められようなんて思ってないです。主婦になったら家事は宿命ですよね」

■お母さんにはサンタは来ないの
「夫が帰ってきたのに、何をだらだらしているんだ」と言われることがあるという。
 つまりワーキングマザーの夫は、帰宅するのが遅いために、ワーキングマザーがマルチタスクで早回しで働いている現場を見ることがない。

 僕の感触では、なにも子供をもつワーキングマザーだけにかぎらず、普通に働く独身女性〈Just A Girl〉にしたって、なにかしら言い知れない不満や不安、ささやかな理想がある、というのはもう当然の事柄なのであって、とくだん「新しく」もなく、「潜在的」でもなく。むしろ問題というのならば、もうずっと昔からこうした個人の能力を越えた問題に対して、社会が目をつむってきた、見てみないふりをしてきた、あるいは「女はこうあるべき」的な呪詛を、会社の奴隷(思考停止)となった男たちが、社会の中でずっとマジョリティでありつづけたことのほうが問題なのではないだろうか、などと思った次第。
 というか、これだけ不景気がながいと、もし仮に自分が女性で子供を抱えていたりしたら……なんて思ったりすると、たしかにこの社会で子供をもうけようなんて思わない気がしないでもない。

 ちなみにこのワーキングマザーの件に関する、「行動観察」科学から導かれる「改善」もしくは「ソリューション」(←著者表現語句)は、

■どのワーキングマザーにも共通しているのは、「なんらかのポジティブなフィードバックを得たい」ということである。

 私はこのワーキングマザーの調査の件を講演で話すときは、最後に必ずこう言うことにしている。
「今日、家に帰ったら必ず奥さんの家事を褒めたり感謝の言葉を言ってください」

 また二章以後は、各種一般企業から「行動観察」の依頼を受け、その過程と改善結果がものされていた。

イベント会場
銭湯
営業マン
オフィスの残業
飲食店の生産性
ホテル従業員の教育

 など。
 こちらは潜在的な問題を「観察」「分析」「改善」したようにはとても思えなかった。
 おそらくすでに顕在化している各業種の問題とそれにともなう改善が、内側からの声ではどうしても実現しないため、やむなく「行動観察」という口実をもって外側からそれらの問題が、一時的に動いた(カイゼン)ように読めてしょうがなかった。

まとめ

 読んでいて惹かれたのは、「行動観察」やら「ソリューション」やら「Industrial Engineering」がうんぬんというより、ひとえに、この著者の誠実そうな「ひとがら」だったように思う。

なので、たぶん著者がとある「カイゼン」(←太字)を歌う、日本の巨大企業(TO●●TA)から、あるカイゼンの依頼を受けたとして、そしてその「行動観察」を実践しているという様態の、さらにもう一つ上のレイヤーから「行動観察」がなされることがあるとしたら――そのまだ見えていない潜在的な、「問い」なり「問題」とういのは、一体なんだろうと、いま考えている次第。

『Just A Girl』 No Doubt

Take this pink ribbon off my eyes
I'm exposed
And it's no big surprise
Don't you think I know
Exactly where I stand
This world is forcing me
To hold your hand
'Cause I'm just a girl, little ol' me
Well don't let me out of your sight
Oh, I'm just a girl, all pretty and petite
So don't let me have any rights
Oh...I've had it up to here!

The moment that I step outside
So many reasons
For me to run and hide
I can't do the little things
I hold so dear
'Cause it's all those little things
That I fear

'Cause I'm just a girl.
I'd rather not be
'Cause they won't let me drive
Late at night
Oh I'm just a girl,
Guess I'm some kind of freak
'Cause they all sit and stare
With their eyes
Oh I'm just a girl.
Take a good look at me
Just your typical prototype
Oh...I've had it up to here!

Oh...am I making myself clear?

I'm just a girl
I'm just a girl in the world...
That's all that you'll let me be!

Oh I'm just a girl, living in captivity
Your rule of thumb
Make me worry some
Oh I'm just a girl, what's my destiny?
What I've succumbed to
Is making me numb
Oh I'm just a girl. My apologies
What I've become is so burdensome
Oh I'm just a girl. Lucky me
Twiddle-dum there's no comparison

Oh...I've had it up to!
Oh...I've had it up to!!
Oh...I've had it up to here.

広告を非表示にする
スポンサーリンク