読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東尾張乱射事件

【次回の記事予定】「お金」で「愛情」や「友情」が買える『脳内麻薬 ドーパミンの正体』を読んだ感想。

NUDE or Higashi

Owari Ranshajiken

ざわざわざわざわ

ノルウェー産のサバをおいしく戴くと橋本環奈にたどり着くわけ

つくってみた

f:id:hamacola:20160407061916p:plain

自分はサカナ好きというわけではなく、肉のほうが好きです。なので、サカナを食べる機会はほとんどないです。(外食と刺身を除く)

サカナの小骨が苦手という人は多いのではないでしょうか?

にもかかわらず、サバをみずから食べてみようとおもったのは、築地魚河岸マグロ仲卸「鈴与」三代目の生田 與克(いくたよしかつ)氏の江戸弁でした。

 

あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか (単行本)

あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか (単行本)

 

 

www.videonews.com 

上の動画では現在、完全版は無く、Preview版が8分くらいは見れるのみ。というわけで、ノルウェー産のサバに関するくだりは記憶にあるかぎり、

 

 完全にうろおぼえですが、

 

日本のサバなんかより、よっぽど美味い。

まず水がいい。ちゃんと管理されてる。

ほら、セブンイレブンにも出回ってるでしょ。

いちど、食べてごらんなさいって。

脂ののりがほんっと違っから!

 

 江戸弁のリズム感をもった威勢のいい言葉がなぜか、ずっと脳裏に残ってました。そうしてある日、じっさいにセブンイレブンにいくとサバがいました。つと生産地を見ると「ノルウェー産」

 

あ!と思いました。

 

その日以来、セブンイレブンへ入店するたびに、ノルウェー産のサバと出会うこととなります。そんなスレ違いの日々が1年になろうという頃。

 

買いました。サバを。ノルウェー産を。

 但しスーパーで。

愛用する鉄器、フライパン。油をひいて、サバに塩、強火にして蓋をする。菜ばしでころんとサバをひっくりかえすと香ばしい色。エア嫁に声をかけると、

 

「なに? わあ、おいしそう~」

 

 味の採点は?

骨まで完食。サカナが好きではない自分が「んまい」とおもった瞬間は、大きく言えば人生にも、気持ち的にも「んまい」とおもえる新体験でした。

 

1000年に1人の美少女と言われる橋本環奈さまが近畿大&UHA味覚糖のキャラクターに! 

いちよう、うえに貼った動画での要点は

  • 計画性のない乱獲をつづける日本漁業。
  • 日本の水産消費量は落ちているがそれでも世界トップクラス
  • 族議員の票田が全漁連や漁業者なので規制しきれない水産庁
  • 漁業計画の成功例としてノルウェー産のサバ
  • サケ、マグロ、イカ、ブリ、エビは輸入もの

 

 いろいろ問題はあるようですが、マグロに関しては「近畿大が世界初マグロの養殖に成功」させビジネスにも展開しているというネタを、「がっちりマンデー」(テレビ)で放送して知っていたので、検索したら「ガイアの夜明け」でも、同じく近畿大のビジネスねたの動画があがっていました。

 

www.youtube.com

 その唇でチューするの? 新しい唇の価値とは? 女の子の発言にドキッとしました。

 UHA味覚糖というと、特濃ミルク焦がしカラメルのキャンディーが大好きなのですが、すでに時代はすすんでいて、マグロのコラーゲンをつかったリップスクラブなるヘルス商品がでまわっているのを今回初めてしりました。

 

http://uha-hb.jp/wp-content/uploads/2016/02/main_pc-1120x600.jpg

UHA味覚糖×近畿大学 共同研究により誕生! 目指せ!ツヤツヤ#オクチビジン『美はお口から研究所』新発売! – UHA味覚糖株式会社 Health&Beauty

 

a-pou-free.com ↑こちらのブログの情報によるとリップスクラブは¥1,080とのこと。

 

とまあ、そんな調子でUHA味覚糖の商品を検索していたら、突如、橋本環奈さまがCMに!

「ぷっちょ」と言うそうです。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

壁紙もあるようです。

ぷっちょ スペシャルサイト 橋本環奈さん出演TV-CMが壁紙に! ぷっちょ限定壁紙 プレゼント

 

まとめ

ぷっちょしたいですな!

ちなみに唇フェチなので、アヒル口のメイク技法なんかも他の記事で学んでいたらば、やはりというか、「男性は女性と出会ってすぐの10秒間は唇を見ることに費やす」という記事にすごくしっくりきたしだいです。ここからさらに話を掘り下げていくと、それはそれで面白いのですがやめておきます。

gigazine.net

 

otonano-shumatsu.com

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク